gコンテンツ・ワールド2007
TOP
開催概要
来場事前登録
プログラム
展示スペース
会場へのアクセス


gコンテンツ・ワールド2007



一般 一日受講証(フリーパス*):5,000円/一人
協議会会員 一日受講証(フリーパス*):3,000円/一人※敬称略
すべてのプログラムは事前登録が必要です。

*フリーパス:gコンテンツワールド2007およびSVGオープン2007の会場すべてのプログラムに自由にご参加頂けます。各会場の受付で受講証をご提示下さい。


※講演はすべて日→英の同時通訳つき

【技術講座1】11:00 - 11:30
(株)KDDI研究所
担当主査 高木 悟
SVG Mapのビジョンとコンセプト
【技術講座4】11:00 - 11:30
インディゴ(株) 
テクニカルディレクター 松澤 有三
SVG Map サービスの構築
【技術講座2】11:30 - 12:00
(株)カイ・ソフトウェア
開発部マネージャー 小郷 宏史
SVG MAPプロファイルの概要と利用方法
【技術講座4】11:30 - 12:00
三重県政策部情報政策室主査 山口 成大
g−コンテンツ流通における無償GISソフトウエアの必要性
【技術講座3】12:00 - 12:30
(株)セック
テクニカルマネージャ 湖海 亮
SVG Map ビューアー(SVGMapToolkit)
【技術講座6】12:00 - 12:30
(株)ゴーガ 代表取締役 小山文彦
携帯向けGISソフトウェアの可能性と課題
【基調講演1】1:45 - 2:30
慶應義塾大学 総合政策学部教授
グローバルセキュリティ研究所副所長
福井 弘道
デジタルアースとgコンテンツ
【基調講演2】1:15 - 2:00
国立情報学研究所 連想情報学研究開発センター長 教授
高野 明彦
検索から連想へ――連想による情報アクセス
【特別講演1】2:30 - 3:00
測位衛星技術(株)
取締役 営業部長 石井 真
準天頂衛星システムと地上補完システム(IMES:Indoor Messaging System)について
【特別講演4】2:00 - 2:30
慶應義塾大学 経済学部
准教授 武山 政直
デジタルメディアとコンテンツのグラウンディング
【特別講演2】3:30 - 4:00
本田技研工業(株) 
技術主任 柘植 正邦 
さらに進化するフローティングカー・システム
【出版記念講演2】2:30 - 3:00
ヤフー(株)
プロデューサー 来田 宣之
Yahoo! JAPANのgコンテンツ戦略について
【特別講演3】4:00 - 4:30
牧野総合法律事務所弁護士法人 
所長 牧野 二郎
コンテンツ流通と個人情報保護のかかわり
【出版記念講演3】3:30 - 4:00
マイクロソフト(株)
エグゼクティブプロダクトマネージャ 磯貝 直之
サービスとしてのWebの方向性とVirtual Earth
【出版記念講演1】4:30 - 5:00
KDDI(株)
auサービス企画部長 竹之内 剛
KDDIの携帯電話ナビサービス高度化への取り組みと今後の戦略
【出版記念講演4】4:00 - 4:30
(株)インデックス 
局長 寺田 眞治
モバイルが拓くg-Contentsビジネス

事前の予告無しに講演内容など変更される場合があります、予めご了承下さい。
 9月6日(木)
来場事前登録
10:30 - 11:00 受け付け開始
11:00 - 11:30 技術講座1】
(株) KDDI研究所 WEBデータコンピューティンググループ 
研究主査 高木 悟
KDDI Research Institute
Satoru Takagi

SVG Mapのビジョンとコンセプト
Vision and Concept of SVG Map
地図は、今やWebにおいて不可欠の情報になりました。 SVG Mapは、WWWにおける現状の地図サービスの課題を克服し、真にオープンなWeb地図プラットホームを実現することを目指したSVGによる地図プラットホームです。本公演では、そのビジョンとコンセプトを解説します。 SVG Mapは、2007年6月、KDDIが提供する携帯電話上の地図サービスプラットホーム、EZガイドマップとして実用化され、今後多種多様な端末を用いたユビキタスコンピューティングのための基盤として期待が広がります。
Now, the map became indispensable information in Web. He explains the vision and the concept of the Web map platform “SVG Map” by SVG that aims to overcome the problems of existing Web map services and to achieve truly open Web map platform. SVG Map was put to practical use as a map service platform called “EZ guide map” on the cellular phone that KDDI offered in June, 2007. And, SVG Map is expected as a graphical information infrastructure for the ubiquitous computing for which various terminals are used.
11:30 - 12:00 技術講座2】
(株)カイ・ソフトウェア 
開発部マネージャー 小郷 宏史
KAI Software Hirofumi Ogou

SVG MAPプロファイルの概要と利用方法
Summary of SVGMAP profile and how to use

・ 座標参照系(Coordinate Reference System)によるSVGデータと地理座標との関連付け
・ ハイパーレイヤリングによるPOIの重ね合わせ
・ SVGデータのタイリングによるモバイル化
・ 表示要素操作(figure-visibility)による要素のレイヤリング
・ The association of the SVG data and the geographic coordinates with Coordinate Reference System
・ The superposition of POI by the hyper-layer ring
・ The Mobile conversion with the tiling of the SVG data
・ Layer control and figure-visibility
12:00 - 12:30 技術講座3】
(株)セック 開発本部 第三開発部
テクニカルマネージャ 湖海 亮
SEC
Ryo Kokai

SVG Map ビューアー(SVGMapToolkit)
SVG Map Viewer (SVGMapToolkit)


SVGMapコンソーシアムにて開発中のInternet Explorer/Windows Vista上で動くSVGMapビューアープラグイン(SVGMapToolkit)について紹介します。
機能の紹介、リリーススケジュールの他、リッチコンテンツ読み込みの性能や、ハイパーレイヤリング機能などを実演します。
※SVGMapToolkitは9/6一般公開予定です。
I introduce about SVGMapViewer Plug-in (SVGToolkit) on Internet Explorer/Windows Vista which SVGMap consortium has developed. I give a demonstration of the basic functions, the performance of reading contents and the hyper layering function. ※ SVGToolkit is planning to be opened by 9/3 to the public.
12:30 - 1:15 休憩 Lunch Break
1:15 - 1:30
【挨拶】経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課
【Greeting】Ministry of Economy, Trade and Industry
1:30 - 1:45
【挨拶】(財)日本情報処理開発協会 常務理事 兼谷 明男【Greeting】JIPDEC/DPC Akio Kanaya
1:45 - 2:30 基調講演1】
慶應義塾大学 総合政策学部教授
グローバルセキュリティ研究所副所長
福井 弘道
Keio University
Hiromichi Fukui

デジタルアースとgコンテンツ
Digital Earth and g-contents


情報社会は、サイバースペースでの意思決定が現実社会を先導していく社会である。それには、現実世界を忠実に再現することが可能な多次元の地球(デジタルアース)が求められ、地理空間情報、gコンテンツの果たす役割が大きい。今世紀の最大の人類の課題となりつつある地球環境問題に対処するために、各主体が参加型でgコンテンツを整備し、それらを相互運用することにより実現される分散型のデジタルアースの実現について展望したい。 The information-oriented society is that decision making in cyber space plays a guiding role in the real world. It is a crucial task to build an adequate cyber space that can be a metaphor of the real world, without lacking necessary information. Therefore, we need geospatial information, i.e. g-contents, and the Digital Earth that is a multi-resolution, time-based three-dimensional representation of the earth. I introduce the Digital Earth project, a new science that attempts to understand and share information on the global environment.
2:30 - 3:00 特別講演1】
測位衛星技術(株)
取締役 営業部長 石井 真
GNSS Technologies
Makoto Ishii

準天頂衛星システムと地上補完システム(IMES:Indoor Messaging System)について
QZSS and IMES:Indoor Messaging System

GPSをはじめとした衛星測位システムでは、日本は、世界最大の利用大国となっています。わが国の測位衛星システムである準天頂衛星システムの意義を考察し、利用ニーズから生まれた屋内などの閉空間で衛星測位を可能にする衛星補完システム(IMES)の概要をご紹介します。
GNSS in Japan is now the biggest market in the world. As a result, we would like to take this opportunity to introduce the new technology concept (IMES: Indoor Messaging System) which was driven by the original concpet of the QZSS.
3:00 - 3:30 休憩 Coffee Break
3:30 - 4:00 特別講演2】
本田技研工業(株) 
技術主任 柘植 正邦
Honda Motors Co.,Ltd.
Masakuni Tsuge

さらに進化するフローティングカー・システム
The floating car system which evolves more


2003年9月に自動車メーカーとして世界で初めてサービスを開始したフローティングカー・システムのデータ量は、累積約2.5億kmを突破して、全国どこでも目的地までの的確なルートと正確な到着予想時刻を提供している。その上で、さらなる進化した活用の可能性も見えてきた。
The world first floating car system which a car manufacturer have started as it’s service in September, 2003, already stored more than 250,000,000km accumulated data today. The precise route guidance and correct arrival time estimation to the destination anywhere around the nationwide, can be provided now. And it showed the further inflect potential.
4:00 - 4:30 特別講演3】
牧野総合法律事務所弁護士法人 
所長 牧野 二郎
Makino Law Office Jiro
Maikino

コンテンツ流通と個人情報保護のかかわり
Relation between contents circulation and protection of personal information


わが国では平成15年個人情報保護法が成立し、17年4月に施行され ました。しかし、過去のずさんな管理が部分的に是正された反面、個人情 報の利用を阻害した対応が横行しました。特に、重要な医療情報の利用、 事故情報の利用が阻害され、患者や事故被害者の救済や支援に問題が生じ ました。重要な情報の利用は、本人を保護するとともに、社会に広く貢献 するものであり、建設的な対応が求められています。今回は、情報の流通 の側面から個人情報問題を検討します。
In our country, Act on the Protection of Personal Information was enacted in 2003, and it was completely enforced in April, 2005. However, while the past careless management was corrected partially, the correspondence which checked use of personal information overran. In particular, use of important medical information and use of accident information were governed, and the problem arose in relief and support of a patient or an accident victim. While use of important information takes care of the person himself/herself, it contributes to society widely and it is asked for constructive correspondence. This time, a personal information problem is examined from the side of circulation of information.
4:30 - 5:00 出版記念講演1】
KDDI(株) コンシューマ商品企画本部
auサービス企画部長 竹之内 剛
KDDI
Takeshi Takenouchi
KDDIの携帯電話ナビサービス高度化への取り組みと今後の戦略
Approach of KDDI on cellular phone navigation service upgrade and strategy for the future

au携帯電話で現在展開している位置情報サービスの概要の紹介のほか、先ごろ導入したSVG地図を用いたサービス、そして今後の取り組みについて紹介します。
We introduce the outline of location information service that is developing with au cellular phone now, brand-new services using the SVG map, and the approach in the future.
5:00 セッション終了 End of Session

※敬称略
事前の予告無しに講演内容など変更される場合があります、予めご了承下さい。
 9月7日(金)
来場事前登録
10:30 - 11:00 受け付け開始
11:00 - 11:30 技術講座4】
インディゴ(株) 
テクニカルディレクター 松澤 有三
Indigo
Yuzo Matsuzawa

SVG Map サービスの構築
The Development of SVG Map Service


2007年6月にサービスインした「EZガイドマップ/山と写真ガイド」の事例を中心に、SVG Map サービスの構築事例を紹介します。
キーワードは以下のとおりです:
・ サービスの全体設計
・ レイヤー構成の設計
・ SVG のチューニング/最適化
I’d like to introduce an example of the SVG Map service, which is running on the “EZ Guide Map” SVG platform by KDDI.
Agenda is as follows:
・ Service design
・ SVG layer design
・ Tuning and optimization
11:30 - 12:00 技術講座5】
三重県政策部情報政策室地域情報化グループ
主査 山口 成大
Mie Prefecture
Seidai Yamaguchi

g−コンテンツ流通における無償GISソフトウエアの必要性
Necessity of Free GIS Software in g-Contents Distribution and Solution in Mie Prefecture


三重県の統合型WebGISは当初、情報登録が職員に限定されおり、コンテンツも限られていた。そこで、一般を含めた幅広いユーザからの情報登録を可能とするGISソフトウエア“m-gis”を開発し、無償提供を行った。その結果、現在では様々なコンテンツが流通している。本発表では、この“m-gis”について紹介する。
In Mie Prefecture , the amount of available g-Contents was limited because of the lack of input tool. Against this background, the free software “m-gis” which enables a wide range of users to create and use g-Contents easily was developed and provided. Nowadays, “m-gis” is making a contribution to g-contents distribution. In this presentation, we introduce this free software “m-gis”.
12:00 - 12:30 技術講座6】
(株) ゴーガ
代表取締役 小山 文彦
GOGA
Koyama Fumihiko

携帯向けGISソフトウェアの可能性と課題
The issues and potential surrounding GIS software's cellular applications


緊急通報位置通知の開始により、2007年より日本国内で一気にGPS携帯電話の拡大が始まりました。これまでに蓄積された大規模GISソフトウェアやgコンテンツを、携帯電話という普及端末で活用するとともに、国内の先進GIS技術基盤を海外に展開するチャンスが到来したといえます。  本発表では、SVG Mapがもたらす地図サービスの連携と、Geo vocabをはじめとする空間情報・位置情報セマンティクスの流通・普及について言及し、それらに起因して考えられる携帯向けGISソフトウェアの可能性と課題について紹介します。
As a result of the creation of the "emergency report and positioning system", the number of cell phones in Japan with GPS capabilities grew dramatically in 2007. In addition to enabling the application via cellphone of an extensive array of existent GIS software and "g-contents", an opportunity has arisen to market Japan's advanced GIS technology platform overseas. In this announcement, while referencing SVG Map-based map service tie-up opportunities and the widespread distribution of spatial/positional information semantics that began with "Geo vocab", we outline the ongoing issues and potential related to the use of GIS software in cellphones.
12:30 - 1:15 休憩 Lunch Break
1:15 - 2:00 基調講演2】
国立情報学研究所 連想情報学研究開発センター長 
教授 高野 明彦
Tokyo University
Akihiko Takano

検索から連想へ――連想による情報アクセス
From Search to Association ? Information Access by Association

文書情報の類似性を数値的に評価する連想計算を用いて、連想検索等の新しい情報アクセス技術が実現されている。本講演では、我々が構築した公開サービスを例に取り、これらの技術について解説する。特に情報源の特徴を生かしながら、連想計算により多様な情報源を相互作用させる「想・IMAGINE」について、実演を交えて解説する。
Information access methods based on the similarity evaluation between documents are proposed.  In this talk, several information services we created are explained as promising    examples of this technology
2:00 - 2:30 特別講演4】
慶應義塾大学 経済学部
准教授 武山 政直
Keio University
Masanao Takeyama


デジタルメディアとコンテンツのグラウンディング
Grounded digital media and geo-contextualized contents and services.

特定の場所や空間で利用することで価値を持つデジタルネットワークメディアの活用事例について紹介し、そのようなメディアによって流通が予想される、地理的に状況づけられたコンテンツやサービスの世界を展望する。
Several grounding technologies such as GPS and RFID are now integrating information and communication in cyberspace with physical and social affordances of real place and space. Based on some case studies, this presentation envisions the future of grounded media and geo-contextualized contents and services.
2:30 - 3:00 出版記念講演2】
ヤフー(株) 地域サービス事業部企画部企画1 
プロデューサー 来田 宣之
Yahoo!
Noriyuki Raita
Yahoo! JAPANのgコンテンツ戦略について
About g-Contents strategy of Yahoo! JAPAN.


Yahoo! JAPANでは、昨年から今年にかけて、gコンテンツ系サービスに力を入れて参りました。その中でも、地図のUI(ユーザーインターフェース)を使ったサービスを中心に、ユーザー参加型のコミュニティ型のサービスや周辺検索機能など最新の取り組みを交えながらYahoo! JAPANの目指すgコンテンツ戦略についてご紹介いたします。
Yahoo! JAPAN has been putting a great deal of effort in g-contents system service since last year. I introduce about the g-contents strategy which Yahoo! JAPAN aims at, introducing the newest measures, such as user participating community type service using UI (user interface) of the map and a vicinity search function etc.
3:00 - 3:30 休憩 Coffee Break
3:30 - 4:00 出版記念講演3】
マイクロソフト(株)
エグゼクティブプロダクトマネージャ 磯貝 直之
Microsoft
Naoyuki Isogai

サービスとしてのWebの方向性とVirtual Earth
Web Service and Virtual Earth


ポストWeb2.0に向けて、UX(ユーザーエクスペリエンス)の実現、高度なデジタルメディアとリンケージしたRIA(リッチインタラクティブアプリケーション)や3Dバーチャル空間とサービスの融合などが進みつつある。当セッションでは、Webサービスの次世代のテクノロジーとその具体例としてVirtual Earthで取り扱える地図情報の紹介を交え、Webサービスのプラットフォーム化について解説する。
In the post-Web 2.0 environment, new trends such as a realization of the User Experience (UX), rich interactive applications (RIA) are linking advanced digital media, and fusions of 3D virtual space and services.  In this session, next-generation web services and map   information technology are showcased using examples from Virtual Earth. The "platform-ization" of web services is also introduced.
4:00 - 4:30 出版記念講演4】
(株)インデックス 経営戦略局 兼 ソリューション事業局
局長 寺田 眞治
Index
Masaharu Terada

モバイルが拓くg-Contentsビジネス
g-contents business: developed through mobile

携帯電話へのGPS搭載は、日本だけでなく世界中で急速に進み、「移動する人」にとっての利便性という新たな視点で、ネットワーク・サービスやコンテンツに付加価値を与えるg-Contentsが増えています。こういった、モバイルならではの視点が生み出すg-Contentsビジネスの最新動向を紹介します。

Growing rapidly the number of GPS integrated mobile phones not only in Japan but also all over the world, many g-Contents which adds values to existing network services or contents is emerging under the point of view of the convenience for“mobile people”.

This session introduces the leading-edge trend of the g-Contents business which has a unique aspects of the mobile environment.
4:30 セッション終了 End of Session
5:00 - 7:00
意見交換会
お申し込みはこちらから



2007 g-Contents Exchange Promotion Association. All rights reserved.