G空間WAVE2014

 G空間WAVE2017 〜gコンテンツワールド〜 では

 

G空間情報を取り巻く環境は近年大きな変化を迎えています。技術革新、センシング技術の進展、 それによるビッグデータ等の利活用。また、今年は訪日外国人観光客が2000万人を超え、東京オリンピック開催まで3年を切り、準天頂衛星による高精度測位の利用もいよいよ開始されました。G空間社会はまさに新時代を迎えようとしています。

G空間情報社会の新時代はどのような社会になるのか?今後の展望について、国の取り組み、産学官の連携、新技術・新サービスの3つの切り口から最新動向をご紹介いたします。


  また、引き続き、ジオメディアサミット様と合同でのシンポジウムを開催となります。是非あわせてご参加下さい。ジオメディアサミットのフェイスブックはこちら

開催概要

日 時

2017年10月12日(木)
●gコンテンツワールド(午後の部) 開演13:10 受付開始13:00

同日のジオメディアサミット(午前の部 10時〜13時 )

会 場 日本科学未来館 7階 イノベーションホール( 〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6 )
主 催 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)  gコンテンツ流通推進協議会
共 催

ジオメディアサミット

参加費

参加費無料

事前登録制です。参加ご希望の方はお手数ですが事前登録をお願いします。

対象者 データに関心のある方、また、位置情報、LBS等に関わるビジネス層および一般〜学生
G-EXPO2016 G空間EXPOの公式ホームページはこちらから

 

事前登録ボタン

事前登録は10月12日朝8時まで受け付けます。

それ以降は直接会場にお越しください。

 

 

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。 ※敬称略

挨拶 13:10-13:15

一般財団 法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) 電子情報利活用研究部 部長 坂下 哲也

本日のシンポジウムについて(仮)


データベースエンジンやOSに係るシステム化計画の立案、要求定義の作成、基本設計等上流工程の業務に従事した後、平成14年度より財団法人データベース振興センターにて、「gコンテンツ流通基盤整備」等の実施責任者を務める。平成20年4月、財団法人日本情報処理開発協会(当時、現JIPDEC) 電子情報利活用推進センター副センター長に就任。平成25年4月より現職。IT戦略本部電子行政オープンデータ実務者会議データワーキンググループ構成員、ISO IEC JTC1 SC27/WG5エキスパート。

基調講演1 13:15-13:45

経済産業省 商務情報政策局 情報政策課 
情報プロジェクト室 室長 中野 美夏

経済産業省の取り組み(仮)


講演概要


平成12年 経済産業省入省
平成28年6月 商務情報局 情報政策課 情報プロジェクト室 室長

基調講演2 13:45-14:15

調整中  


講演概要


講演者略歴 
 

産官学の連携 14:15-14:35

IOT推進コンソーシアム


境交通(株)/東京ハイヤー・タクシー協会 根本 克己 
みずほ情報総研(株) 平古場 浩之

タクシー業界の地理空間情報の活用について(仮)


講演概要

  


産官学の連携 14:35-14:55

ID連携


ヤマトシステム開発(株)  カードソリューションカンパニー  事業推進ペイメントグループ  小林 優太

福祉チケットの電子化(仮)


講演概要

 


講演者略歴 

講演1 15:00-15:30

JR東日本コンサルタンツ(株)
小林三昭

パブリックビーコンの重要性について(仮)


講演概要


講演者略歴  

講演2 15:30-16:00

(株)JTBコーポレートセールス 高知尾 昌行

 おもてなし事業について(仮)


講演概要


講演者略歴 

 

事前登録ボタン

事前登録は10月12日朝8時まで受け付けます。

それ以降は直接会場にお越しください。