gコンテンツ流通推進協議会presentsG空間EXPO特設サイト

 

リレーインタビュー

杉浦 秀明/大野 佳史 G空間プロジェクトで進む環境整備。プロジェクトの現況は? ------ 経済産業省に聞く
経済産業省 商務情報政策局 情報プロジェクト室長/情報プロジェクト室 係員
杉浦 秀明/大野 佳史

インタビュアー神尾寿 神尾 寿(かみおひさし):通信・ITSジャーナリスト
日経BP社契約ライター、大手携帯電話会社の委託プランナー(新ビジネス/マーケティング担当)などを経て、1999年にジャーナリストとして独立。移動体通信とITSを中心として技術やサービス、ビジネスの動向について取材を行っている。 現在はジャーナリストのほかに、イード社の客員研究員。国際自動車通信技術展企画委員長、モバイル・プロジェクト・アワード選考委員などを勤める。 著書は「TOYOTA自動車革命」(ソフトバンククリエイティブ)、連載は「ITMedia +D Mobile」「ビジネスメディア誠」、「レスポンス」などWeb媒体を中心に幅広く展開。新聞各紙、ビジネス誌への執筆や講演活動などを積極的に行っている。

2013年には10兆円市場の創出を目指す「G空間プロジェクト」。この構想を実現するための準備や取り組みは着々と進んでいる。

G空間プロジェクトはいま、どのような段階にあり、何に取り組んでいるのか。また実証実験などを通じて、どのような成果を上げているのか。通信・ITSジャーナリストの神尾 寿が、経済産業省 商務情報政策局 情報政策課 情報プロジェクト室長の杉浦秀明氏と、同省 商務情報政策局 情報プロジェクト室 係員の大野佳史氏に聞いていく。

着々と進む「G空間プロジェクト」

聞き手(神尾 寿:以下、神尾)インターネットやモバイルビジネスでの位置情報活用は近年注目されているテーマですが、現在、国を挙げて取り組んでいる「G空間プロジェクト」とはいったいどのようなものなのでしょうか。

杉浦氏)昨年度から「G空間プロジェクト」が始まりまして、今年度で2年目に入っています。平成19年5月に地理空間情報活用推進基本法が制定され、これを受けて、経済産業省の取組として、有識者に研究会へご参加いただき「地理空間情報サービス産業の将来ビジョン」をとりまとめていただきました。

このビジョンには、大きく3つの柱があります。第1は、2013年をターゲットとして、誰もが地理空間情報を利用できる社会の実現です。次に、地理空間情報が様々なソリューションに役立つような社会、さらに、地理空間情報で安心や安全、楽しさを感じられる社会を実現することを目指すというものです。こうした社会像を描いた上で、約10兆円規模の市場拡大が見込まれています。

杉浦氏
経済産業省 商務情報政策局 情報政策課 情報プロジェクト室長・杉浦秀明氏

神尾)地理空間情報は、従来の位置情報サービスと何が異なるのでしょうか。

杉浦氏)地理空間情報を我々は「G空間」と呼んでいますが、これは空間・時間という位置情報と地理情報からなっています。位置情報の活用はすでに始まっていますが、地理情報は「場所の属性」まで含まれます。これには、建物や道、建物内のレストラン等の施設情報などが含まれます。利用者側から見ると、パーソナルな情報、付加価値を与える有用な情報、解析可能な情報などがありますので、これらをうまく利活用していけるような環境整備が重要なのです。

神尾)現在でも位置情報やデジタル地図情報は様々なアプリケーションやソリューションで活用しています。その上で、G空間プロジェクトで重点項目となっているのはどのような点でしょうか。

杉浦氏)G空間プロジェクトで特に重視しているのが「屋内空間」です。いつでもどこでも地理空間情報を利用できるという意味では、屋外では現在、車などでGPSが一般的に使われていますが、それに比べて屋内での地理空間情報の活用は進んでいません。 現状では、屋内空間でも様々な情報はありますが、それを屋内と屋外でシームレスに利用できるような環境がありません。G空間プロジェクトにおける取り組みとしては、位置情報を屋内と屋外においてシームレスに様々なシーンで利用できるようになることを目指しています。個人的な利用のほか、産業での活用も見込まれます。

神尾)現在は主にどのような取り組みをされているのでしょうか。

杉浦氏) 現状と課題としては、屋外と屋内をシームレスに位置の把握ができない点。地理空間情報の可能性を広げるためには、利活用モデルを提示していくことが必要だという点が挙げられます。

これらに対応するため現在取り組んでいることは、3次元の地理空間情報データベースの構築手法の確立です。主に屋内の標準的なデータモデルを作り上げようとしています。 また、屋内・屋外のシームレスな位置情報把握環境を実証的に検証しまして、実際にサービスにつながるような基盤づくりを進めていくための取り組みを始めています。また、測位技術には無線LANや(屋内GPSの)IMESなど様々な技術がありますが、測位技術に依存しない共通の処理基盤の検討に併せて、それを実証的に検証しているところです。

神尾)課題の洗い出しが終わって構築フェイズに入っている、と。G空間で情報を記述する際のフォーマットを決めているようなイメージですね。

杉浦氏)そうですね。そこにどのようなコンテンツを載せていくかは、実際に何を知らせたいか、どういう情報を共有したいのかによります。昨年度は、建物を3次元的にスライスモデルという形で、フロアごとに図面あるいは区画情報のようなものを構成していくような方法をとりました。このように作った建物の空間モデルに、コンテンツになるデータを、位置情報をキーにして関連付けていきます。このように、3次元地理空間情報の標準的なデータベースのモデル検討に取り組んでいるところです。

実証実験で屋内測位の技術や共通基盤を構築

神尾)G空間プロジェクトでは、すでに実証実験も行われているとのことですが、具体的にどのようなことを行われたのでしょうか。

杉浦氏 杉浦氏)昨年度の実証実験では、東京駅周辺、特に屋内空間ということで実際に商業活動が行われている地下街を対象として、3次元データベースを構築しました。

また、様々な測位環境のもとでの共通基盤に関して、東京駅周辺で屋内ではIMESと無線LAN、建物から外に出たときにはGPS、これらをシームレスにつないで屋内外でナビゲーションができるか実証実験を行いました。

実証実験には、実際にスマートフォンなどの端末を一般モニターの方々に使用いただいて、参加していただきました。屋内をアプリケーションに従って歩いていただくとともに、屋外にも出たり入ったりしていただいて、それぞれの連携がスムーズできるかどうか、反応スピードや精度に関してアンケートにもご協力いただき、実際にこれをサービスとして活用する際にどういうところが課題になるのかというところを検証しました。

ページTOPに戻る