gコンテンツ流通推進協議会presentsG空間EXPO特設サイト

 

リレーインタビュー

小川 紀一朗/住田 英二 高度地理空間情報のプロフェッショナルが考える空間情報コンサルティングとは?------ アジア航測に聞く
上席執行役員・フェロー 社会基盤システム開発センター センター長/総合研究所・フェロー
小川 紀一朗/住田 英二

インタビュアー鈴木潤一鈴木 潤一(すずきじゅんいち):日本情報処理開発協会 研究員
日本電気(NEC)に入社。日本で初めて勘定系システムにおけるISO9001取得の実行責任者として活躍。 日本オラクル転職後、データベース管理システムの講師を経て、製品マーケティング部において、当社主力製品であるOracle8の出荷管理から技術マーケティングまで全て行う。
サンマイクロシステムズ転職時、当時出始めのEnterprise Javaに関する啓蒙、普及に努める。 再び、日本オラクルに戻り、Webサービスのエバンジェリストとして活躍。SOAPを用いた日本の大手ベンダーと世界初めての相互接続実験を成功に導く。 BPMソフトのエピアンス社の立ち上げを行う。インドのバンガロールとシリコンバレーとでインド人とともに開発のマネジメントを行った。 その後、当時、経済産業省で始まった情報大航海の理事企業として参画。 現在は、日本情報処理開発協会(JIPDEC)の研究員として、個人情報の利活用の制度設計を行う。

高度地理空間情報社会の実現において「基盤整備」という非常に重要な役割を担う測量事業者。我々の豊かな暮らしづくりを支えている測量事業者のビジネスとはいったいどのようなものなのか、   アジア航測の空間情報コンサルタントとしての歩みと、今後の展望について JIPDEC鈴木 潤一が、上席執行役員・フェロー 社会基盤システム開発センター センター長 小川 紀一朗氏 と、総合研究所・フェロー住田 英二氏 に話を聞いていく。

常に技術の最先端で日本の航空測量を支えてきたアジア航測

鈴木)御社の主な事業について、お話頂いてもよろしいでしょうか

小川氏)アジア航測は戦後に会社ができ、航空写真測量を主にやっている会社です。空間情報コンサルタントとありますが、弊社は空間情報を得てそれを解析してきました。日本で技術の先端を先駆けていろんなことをやってきた歴史的背景があります。航空写真もそのときそのときの最新鋭のものを使って作ってきました。電子計算機をいち早く航空写真測量に取り込んで、それを使って効率的な生産を行ってきました。空中三角測量、航空測量の基本・骨組みのプログラムをいち早く作って、効率的で精密な航空写真測量が行えるようにしました。そういったことが先駆け的で、「技術のアジア」と呼ばれるように、いつも良い技術を使ってきたのです。現在50年が過ぎましたが、私が担当している建設コンサルタント分野では、航空写真測量を行った成果をどうやって地域の安全安心に活用できるかについて取り組んでいます。今では航空レーザー計測を使った測量もやっていますが、航空レーザー計測では位置をGPSを使って取得し、航空機に積んでいるIMUという電子ジャイロを使って姿勢を自動的に感知し、災害が発生した場所などに飛んでいきレーザーを地表に照射することで地形の情報を取得できます。平成21年7月21日の山口県の災害では自主的に航空レーザー計測を行っていち早く土石流の情報を取得しました。


上席執行役員・フェロー 社会基盤システム開発センター センター長 小川 紀一朗氏

鈴木)常に測量技術の最先端を、日本のトップとして走っているわけですね。

小川氏)走りたいという思いはトップです(笑)

鈴木)レーザー計測の場合、3次元、立体的な情報を瞬時にとれてしまう技術ですよね。そういった地形の凹凸を測るケースは災害以外にどういった場面がありますか?

住田氏) レーザー計測が利用できなかった時代から、空中写真測量で標高測定や等高線測定を行い地形図を作成してきた経緯がありますが、レーザー計測を利用することでより高精度な地形を表現することができるようになりました。例えば道路設計の分野ではこうした方法で作成した地形データを基に道路予備設計が行えるようになりましたし、また河川管理の分野でも周辺流域の地形を詳細に取得できるので、河川管理の様々な分野に利用できるようになっています。


総合研究所・フェロー住田 英二氏

小川氏)現在ではハザードマップを多く作成しています。防災に関しては、土石流に襲われる可能性がある範囲を黄色く示しているハザードマップがあります。縮尺2500分の1の航空写真測量で作成した地形図に、その上に土石流の特性を加味してハザードマップができています。一方、火山が噴火した場合にたとえば富士山から溶岩がどのような範囲に流れていくかについても、数値シミュレーションによって推定しています。その結果は国や都道府県等からその地域にお知らせします。

Googleマップに代表される、最近広く一般化してきた位置情報を使ったコンシューマー向けサービスの登場について

鈴木)日本という国は山で囲まれているので、地形を3次元にみていかなければわからないことがあります。いろんな場所に住んでいる方にとって、災害情報、ハザード情報はとても大事ですね。ではお話を変えまして、現在、GPSを使ったサービス、平面の地図情報を使ったサービスがたくさん出ていますが、これについてどうお感じですか?

小川氏)Googleマップは便利です。地球がポンとでてきて、自分の見たいところ知りたいところに行けるのは素晴らしい機能だと思います。手軽に地図情報を多くの人たちが手軽に使えるようになったのは普段から地図づくりに携わっている私たちみたいな人間にとってもすごく良いシステムだと思います。そこに触れ合う人が爆発的に増えて、地図というものが身近になりました。ただ、専門の目で見ますと航空写真が少々古いですね。(笑い)

鈴木)地形に対して強くないということでしょうか?

小川氏)自分の知りたいところについてはあまり解像度が良くないです。おもしろさは感じますが実は精度があまり高くないですね。

鈴木)それは例えば、山登りするときにどこが峰か尾根かわからないということでしょうか?

小川氏)結局、古ければ登山道だって現在は変わっているかもしれないし、災害がおきれば違ってしまいます。そういった部分までは反映されていません。意外と便利なようでだまされるといった部分もあるんじゃないかと思っています。

鈴木)確かに、日本は山や谷がたくさんある国ですから無視できませんね。そこでみんなが生活してきた歴史があるわけで、平面的な街並みだけでは十分ではないですね。

小川氏)古いじゃないですか。地図は正しいのですが、地形を信じて紙に出して持って行くと違っていたりします。

鈴木)地形が違っていれば、行き止まりもあるかもしれませんね。日本の地形は動的ですので、静的な情報では対応できないのでしょう。

小川氏)民間会社の方と話しますと、そういったGoogleの課題を何らかの形で補完することができればビジネスになるのではないかという発想はあります。あそこまで大々的にやるには非常にお金がかりますが。。

ページTOPに戻る