ゲストさん

協議会の活動

委員会活動

※ファイルをご覧になるにはログインが必要です

※公開されている資料は著作権を所有する企業、個人、団体に無断でこれを使用、配布等することはご遠慮下さい

平成29年度の委員会活動と意見交換会等 ※敬称略

g-Life委員会

【基本的な委員会のテーマ】  位置情報のエンターテイメント性に着目し、位置情報ビジネスに  関連した最新動向を取り上げ議論していくことを基本コンセプトとし、今年度は次のキーワードを加え議論した。

・AR/VR、未来の買い物、マクロ的な未来のIT展望 (ディープラーニング・AI) 

・座長 藤元 健太郎 D4DR株式会社 代表取締役
・gコンテンツ流通推進協議会 会員
・その他関係者
開催日 配布資料
第1回
平成29年12月13日
議事次第(134kb)PDFファイル
資料1(514KB) PDFファイル
資料2(2969KB) PDFファイル
資料3(3805KB) PDFファイル
議事録(285KB) PDFファイル


第2回
平成30年2月15日

議事次第(79kb)PDFファイル
議事録(333KB) PDFファイル
※資料1は公開不可となっております。ご了承ください。

第3回
平成30年3月14日


gコンテンツ流通推進協議会 意見交換会

【この会の趣旨】 国土交通省の依頼により、平成28年度より立ち上げたG空間情報センターの利用向上を図り、また、特に東京オリンピック・パラリンピックの際に、民間事業者による人の移動支援情報の提供等を実現するため、G空間情報センターにどのような機能・役割が求められるのかについて、gコン協議会会員の皆様との意見交換を目的として開催された。

平成29年7月28日

※当日の資料等については事務局までお問合せください。

SVG意見交換会

【この会の趣旨】 ■SVG意見交換会
早くからSVGの有用性に着目してきたKDDI様より、SVGMapの実用的な 利用方法、ツールについて実例デモなどを交え解説いただきました。
JS+HTML5を利用し、かつオープンソースで利用可能なWEBマップにご関心が ある方対象
<このSVGツールの特徴は?> 大規模なPOIデータ(CSVやShapefile)が地域に偏在しているような元データから、パ ラメータチューニングほぼ不要で上記コンテンツを生成できる
オープンソースで公開する予定
地図の絵をWebGIS化するツールは全てブラウザサイドのWebApps(JS+HTML5)で作られており、 オープンソースである
一般的なWebMap・WebGISのタイリング(TMS)のフレームワークと異なり、 タイリングのアーキテクチャを決め打ちしていない(JSでいかようにもタイリングの アーキテクチャを実装できる)ので、自由なタイリングを行える
データの特性やシステムの都合に応じて自由にタイル分割できるので、 たとえば地域メッシュとか、県単位のタイルとか、東京に局在しているようなデータを自由にタイリングすることが可能

平成30年3月12日

議事次第(184kb)PDFファイル
資料1(631KB)PDFファイル
資料2(631KB)PDFファイル



平成28年度の活動

平成27年度の活動

平成26年度の活動

平成25年度の活動

平成24年度の活動

平成23年度の活動

平成22年度の活動

平成21年度の活動

過去の活動